ぼくのでんげん的ラジオ。

ラジオに憧れる若造が日頃発見したことや、大好きなもの、スッゲーと思ってることについて綴っていきます。

草津でファスティング体験!『ホテルクアビオ』でゆったりと過ごそう。

おはようございます、こんにちは、こんばんは!
どうも藍田(@midemgen)でございます。

社会人として普段生活をしていると、生活リズムや食生活の乱れを実感する方も多いハズ。
かくいう僕もその一人。
昨年部署が異動になってから、ストレスからか暴食の癖がついてしまい、食生活がみるみるひどいことに。
(体重もどんどんひどいことに。)

さすがにそろそろやばいなと思い始めたのですが、
今ダイエットを始めたところで、染み付いてしまった習慣をもとに戻さなければまたリバウンドするだけなんじゃないか。
そんな風に思い、一度体内の環境をリセットしてみようと思い立ちました。

そこで、以前から興味のあったファスティング(断食)に挑戦することに。
ファスティング=リセットという訳ではないとは思うのですが、
暴食癖がつき、胃の中に常に食べ物が入っている状態の僕には適しているのではないかと。

そんなこんなで、群馬県は草津温泉にある、ホテルクアビオさんにお世話になることにしました。

kurbio.com

温泉街から少し離れた場所にあるオシャレなホテル

f:id:midemgen:20190825231241j:plain 新宿から約4時間程高速バスに乗り、草津温泉バスターミナルという草津温泉の入口で下車します。
お迎えの車に乗り込み10分程揺られると、ホテルが見えてきます。
ホテルとはいえ、2階建ての小さな建物。
隠れ家のようで、とても好きな外観です。

f:id:midemgen:20190826210722j:plain 中身もゆっくりくつろげるような空間になっていて、 とても心地よい。

綺麗なお部屋と細やかなサービス

f:id:midemgen:20190826210746j:plain 部屋は清潔で綺麗で、一つ一つのアイテムがどことなくおしゃれ。

到着するとウェルカムドリンクにオリジナルのハーブティーをもらえます。
これが飲みやすくておいしいかったー。(写真を取り忘れてしまった…。)

各部屋それぞれWi-Fiを利用することができ、パソコンを利用したい人やスマホで動画を見たい人も安心です。
有線LANもあるので、無線は速度が・・・という人はお試しあれ。

部屋の説明もすごく丁寧で、お願い事もすぐに対応してくださいます。
おかげでめちゃめちゃ快適に過ごしています。

ゆったり時が流れ、思い思いのくつろぎ方ができる

夕食まで少し時間があったので、館内を少し見て回ることに。

f:id:midemgen:20190825232727j:plain こちらはストレッチやトレーニング、ヨガなんかをするスペース。
色々な用具が置いてありますね。
それぞれの用具の使い方が書いてある本まで置いてある親切設計。
フロントで頼むと、パーソナルトレーニングやヨガのレッスンを受けることができます。
ヨガをやってスッキリするのもいいかもしれませんね。

f:id:midemgen:20190825232833j:plain こちらは読書スペース。
ここに置いてある本は部屋に持ち込んで読むこともできるそうです。
ファスティングをやっているホテルなこともあり、身体や健康に関することの本が多くありました。

f:id:midemgen:20190826202327j:plain エステを受ける部屋もありました。
アロマセラピーやマッサージ等様々な施術を受けられます。
まさにリラクゼーションのための施設ですね。

f:id:midemgen:20190826202945j:plain 館内ではルームウェアとルームシューズを着て行動することができます。

草津の自然の中で、ゆったりと時が流れている素敵な空間でした。
ネイチャーウォーキングのプログラムがあったり、温泉があったりと『できること』はあるのですが、『何もしない』ということもできるというのが、頑張らなくていいなと思いました。

事実、夕食後はブログを書いたり、本を読んだり、『やりたいこと』を中心に過ごしていました。
とっても快適。

1日目の夕食は・・・?

f:id:midemgen:20190826162233j:plain

17時頃になると、夕食の時間。
夜のメニューは、にんじんジュース2杯に具なし味噌汁、三年番茶と梅干しです。
どれも自然素材にこだわった優しい味で、プラス外の自然を見ながらゆっくりと味わうという贅沢な時間を過ごしました。
にんじんジュースは一杯だけですが酵素ジュースに変更することも可能です(別途有料)。

基本的にファスティング中はこのにんじんジュースをメインに栄養を摂取します。
また夕食時は黒糖入りの生姜くず湯を水筒に入れて渡してくれるので、寝るまでに小腹がすいた時に飲むことができます。
不思議と夕食からそんなにお腹はすかなかったのですが、くず湯があるのはありがたかったです。
しかもとても美味しい。
このくず湯だったり、血糖値が下がった時のために部屋に黒糖も用意されているので、無理なくファスティングを行うことができるなと思いました。

まとめ

『何もしない』をしていると、不思議と『ブログ書きたいなー』とか『あの本読もうかなー』とか思ってくるもので、この記事もそれがあったから書き始めています。
まぁ当然寝たいなーという欲望にも忠実なので、『何もしない贅沢』を残りも味わっていきたいと思います。