ぼくのでんげん的ラジオ。

ラジオに憧れる若造が日頃発見したことや、大好きなもの、スッゲーと思ってることについて綴っていきます。

iPad Pro 11インチ用magic keyboardは打鍵感を求める人にこそ。

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
どうも藍田(@midemgen)です。

ここ最近ブログの更新をiPadから行うことが多くなりました。
そのため、iPad関連のアイテムはかなり頻繁にチェックしているのですが、発表時からかなり話題となっているアイテムがあります。 それが、今回ご紹介する『magic keyboard』。

これまでのsmart keyboard folioとは違い、シザー式のキーボードとタッチ式のマウスパッドを搭載し、よりノートPCライクに使えるようになりました。
僕のようにブログなどの文章を書く人にとってはとてもいいものになっているような気がします。

今回はそんな『magic keyboard』を実際に使ってタイピングしながら、使用感などのお話をしていきたいと思います。

宙に浮いている不思議なUI

f:id:midemgen:20200514220709j:plain

今回のmagic keyboardは発表されている時から注目されていましたが、iPadのディスプレイが宙に浮いているかのような形が特徴です。
そしてキーボードにはマウスパッドが初めて搭載され、ノートPCのように使うことができます。

ディスプレイも、角度を調節できるようになっていて、

f:id:midemgen:20200514220736j:plain

この位置から、

f:id:midemgen:20200514220824j:plain

この位置まで調整することができます。
iPadを使ってブログを更新したり、仕事の作業をしたりする人にとって、よりiPadがより使いやすくなるのではないでしょうか。
反面、Apple Pencilをよく使う人にとっては、キーボードをひっくり返したりできないので、あまりむかないのかもしれません。

文章入力がとにかく快適

キーボードには16インチMacBook Proの2019年モデルから採用されたシザー式キーボードが採用されています。
Smart Keyboard folioのキーボードも好きだったのですが、かなり打ちやすいキーボードになったと思います。
キーボード自体に重さが増したことで安定感があり、膝に乗せても安定して使うことができます。
Smart Keyboard folioでは少しやりづらかったので・・・。この辺の剛性の良さは重さとトレードオフな気がしています。

僕は11インチの日本語キーボードを選択しましたが、11インチだと人によってはキーの間隔が狭く感じるかもしれません。
日本語入力タイプやUS入力タイプなど、キーボードの種類によってもこの辺変わってくるのでしょうか。
今のところは窮屈さは感じることなくブログ記事を書けています。

タイピング時の音については、思っていたよりは音がする印象です。
僕自身が少し強めにタイピングするクセがあるからなのかもしれませんが、人によっては少し注意が必要です。

USB−Cの充電ポート

f:id:midemgen:20200514220850j:plain

キーボード側に充電用のType-Cポートが1つついています。 こちらはデータ転送はできない模様。
ただ、こちらのポートで充電に使うことにより、本体側のType-Cポートが常に空く状態となります。
充電を気にせずSSDなどのアクセサリを使うことができますし、個人的には本体充電を気にせずにPodcast収録をすることができるのがいいなと思います。

いまいちな点

ここからは少し気になる点をご紹介します。

それなりに重い

すでに多くの方が話していますが、Smart keyboard folioと比べてだいぶ重くなっています。
11インチモデルでは、smart keyboard folioが約300gだったのに対し、magic keyboardは約600gと、ほぼ2倍の重さになっています。
その分剛性はかなり上がっている印象ですが、本体(471g)とmagic keyboardを合わせると1071gとなり1kgを超えてきます。

ただ、持ち運ぶのには11インチモデルでは、そこまで気にならないなと思いました。
12.9インチだと合計で約1.3kgとなるそうなので、そちらは持ち運ぶのに多少の覚悟が必要かもしれません。

皮脂が目立つ

f:id:midemgen:20200514221010j:plain

これはどうかな…とも思ったのですが、黒いキーボードなので、手汗だったり手の皮脂がついてテカテカになってしまったりします。
特に僕は指先の皮脂が多い方で、しかも左手が割と手汗をかく方なので、キーボードについてしまうんですね。
他のMacBookなどでもなるかもしれませんが…。 全面黒だと目立ちやすいのは確かですね。

値段が高い

これは発表当初から言われていましたが、キーボードにしてはいい値段がします。
確かに買ってからの満足度は高いのですが、必ずしもキーボードに三万も四万も出さなくても良いかなとは思います。
軽さ的にもSmart keyboard folioで十分という人も多いでしょう。
キー入力を頻繁に使う人にとってはおすすめですが、Apple Pencilを使う人や閲覧用にiPad Proを使っている人にとっては、もしかしたら別の選択肢を選ぶ方がいいかもしれません。

まとめ

正直発表当初は、「高いし、別にいらないかな…」と思っていたのですが、ブログやnoteの更新をiPadで頻繁にするようになった僕にとって、とても満足感の高い買い物になったかなと思います。

iPadが開発された当初の理想からは、もしかしたら随分離れてしまっているのかもしれないですが、
これはこれでビジネスユースとしても、クリエイティブにも使える便利なものになってきたのではないかと思います。

これからもiPad Proを使い倒して、いろいろなものを生み出していきたいと思います。