ぼくのでんげん的ラジオ。

ラジオに憧れる若造が日頃発見したことや、大好きなもの、スッゲーと思ってることについて綴っていきます。

GW中に済ませたい、東京2020オリンピック・パラリンピックチケット予約の準備。

おはようございます、こんにちは、こんばんは!
どうも藍田(@midemgen)でございます。

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催まで、気がつけば残り1年ちょっとになりました。
開催が近づくにつれて、いよいよだなというワクワク感も出てきているのではないでしょうか?
そんなワクワク感を更に増してくれる、観戦チケットの申し込みが2019年5月9日(木)午前10時から開始されます!

今回は観戦チケットの申し込みに向けて準備しておきたいことをまとめてみました。
連休に次ぐ連休で時間を持て余しているあなたに、スムーズにチケットの申し込みが出来るようにお話していきたいと思います。

tokyo2020.org

まずは『TOKYO 2020 ID』に登録しよう

チケットの申し込みはインターネットからのみとなり、HPから登録できる『TOKYO 2020 ID』が必要となります。
なので、まずはIDの登録を行いましょう。
ちなみに複数のIDを取得し抽選申し込みを行うのは禁止です。チケットの向こうやサービスの利用停止となるので、絶対にやめましょう。

TOKYO 2020 IDの登録を行うと、『MY TOKYO 2020』というマイページにアクセスすることができます。
マイページにはチケットの販売サイトへのリンクもありますし、オリンピック関連のイベントに参加する際、サービスを受けられる『TOKYO 2020 PASS』の発行画面もあります。

オフィシャルグッズのオンラインショップや競技の特集など、色々な情報が掲載されているので、見ているだけでテンションが上がること間違いなしです。

1つ注意したいのが、登録時に自動送信される仮登録のメールについて。
よくある仮登録メールにあるURLをクリックして本登録となるのですが、
僕が利用しているGmailでは迷惑メールフォルダにメールが入ってしまいました。

同じくGmailを使っている人にこの減少が起きているかは分かりませんが、
しばらく時間が経ってメールがこない場合は迷惑メールフォルダを確認することをおすすめします。

チケットの申し込みは抽選であることに注意!開始日は2019年5月9日から。

『TOKYO 2020 ID』を手に入れたら、次はチケットの申し込みになります。
チケットの申し込みは2019年5月9日(木)10:00~2019年5月28日(火)23:59の間となります。

今回の申し込みは、チケットの抽選申し込みであることに注意が必要です。
つまり、9日の10:00によーいどんで申し込む必要はないということですね。
チケットの抽選結果は2019年6月20日(木)に発表され、2019年7月2日(火)までに購入手続きをする必要があります。

この後は秋以降に先着順の販売が開始され、2020年春以降に直前期販売(リセール含む)されるというスケジュールになります。
まずはここで最初の挑戦というわけですね。
開会式や閉会式のチケットも同時販売されるとのことなので、華麗な演出に興味がある人は検討してみてもいいかもしれません。

なお、今回はオリンピックのチケット抽選申し込みのみであり、パラリンピックについては、2019年夏頃を予定しているとのことです。 パラリンピックのチケットについては情報をしばらく待ちましょう。

チケットのあれこれ

ここからはチケットそのものについてお話していきます。

チケットの支払い方法

チケットの抽選申し込みに当選した後、7月2日までに手続きをし、料金の支払いをしなくてはいけません。
決済方法は下記の2つ。

  • VISA決済(クレジット/プリペイド/デビット)

  • 現金決済(コンビニエンスストア) ※手数料:432円(税込)/件

クレジット決済をしたい方はvisaカードだけしか対応していないため注意が必要です。
またチケット購入を含め、会場で使えるのもvisaカードだけなので、visaを持っていない方は気をつけましょう。
ご存知の方もいるかもしれませんが、基本的にオリンピックは各業種でスポンサーが決められていて、スポンサー以外の会社はロゴも出せないという厳しい管理がされています。決済部門ではVISAが唯一のスポンサーなので、VISA以外のカードは使用できません。

東京2020バージョンの三井住友VISAカードの申込みをすることもできるので、興味のある方はチェックしてみてください。

現金決済を利用する際は、30万円未満(税込)の利用となります。
支払い金額が30万円以上の場合はVISA決済のみとなるそうです。
例えば開会式のA席を購入する場合は30万円となるので、他にチケットを買う場合は現金決済は使えないということになると思います。

チケットの種類

今回設けられているのは3種類。

一般チケット

通常のチケットでA席~E席までグレードが分けられています。

車椅子ユーザーチケット・同伴者チケット

車椅子ユーザー用の車椅子席エリアチケットとなります。同伴者は車椅子ユーザーチケット1枚につき同伴者チケットを1枚申し込むことができます。

東京2020みんなで応援チケット

12歳以下の子ども、60歳以上のシニア、障がいのある人(車椅子ユーザー含)を1名以上含む家族やグループで申し込む事ができるチケットです。最下位席種エリア限定にはなっていまいますが、1枚2020円とチケット代が安いのが特徴です。

以上がチケットとなります。
各チケットで購入上限枚数があるので、公式サイトにてチェックしてみてください。

tokyo2020.org

チケットの価格

ticket.tokyo2020.org

チケットは上記リンクから確認することができます。
基本的にいい席ほど値段が高くなりますし、競技によって金額も異なります。
一番高いのが開会式で、A席は30万円/枚となります。
閉会式も22万円/枚。

やはり豪華なセレモニーになりますし、これをいい席で生で見たい人は抽選に挑戦してみるのはありですね。
あとはそれぞれの好きな競技を、どこで見るかを色々と考えるのも楽しいと思います。
僕はバスケットボールが好きなので、決勝を見てみたいなぁ・・・なんて思うわけですが、いい値段するので、色々と脳内会議が必要ですね(笑)

youtu.be

(こちらのムービーに会場イメージが登場するので参考にしてみてください。)

まとめ

夏季オリンピックは東京では1964年以来の開催で、これを書いている僕も夏季オリンピックの自国開催は残りの人生でみられるかどうか・・・という貴重な機会となります。
テレビで見るのももちろんありですが、実際に会場の空気感を感じながら臨場感ある体験をするというのは何ものにも代えがたいと思います。

そんな体験の第一歩目になるのが、今回の抽選申し込み。
この記事があなたの参考になれば幸いです。